友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

メジャー新監督候補にベンチコーチがもてはやされる裏側

公開日: 更新日:

 メジャーリーグではオリオールズ、ブルージェイズ、ツインズ、エンゼルス、レンジャーズ、レッズの6球団が監督を解雇し、新監督の選考作業を始めている。

 今回の監督人事の特徴は、実績のあるベテラン監督が解雇され、その後任候補に監督経験のない現職のベンチコーチたちの名が挙がっていることだ。

 1番人気はアストロズのジョー・エスパダとカブスのブランドン・ハイド両ベンチコーチで、4球団の監督候補になっている。このほかジャイアンツのヘンスリー・ミューレン(元ヤクルトロッテ)とホワイトソックスのジョー・マクユーイング両ベンチコーチも2球団の監督候補に名が挙がっている。1球団のみの監督候補になっているベンチコーチも6人いるので、監督候補になっているベンチコーチは10人にのぼる。

 監督経験者より未経験者が優先されているのは、監督経験のないアレックス・コーラ、アーロン・ブーンがそれぞれレッドソックスとヤンキースの監督に就任し、今季、新思考で名門球団を蘇らせ3ケタの勝ち星を挙げたことが大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  10. 9

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  11. 10

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

もっと見る