友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

メジャー新監督候補にベンチコーチがもてはやされる裏側

公開日: 更新日:

 メジャーリーグではオリオールズ、ブルージェイズ、ツインズ、エンゼルス、レンジャーズ、レッズの6球団が監督を解雇し、新監督の選考作業を始めている。

 今回の監督人事の特徴は、実績のあるベテラン監督が解雇され、その後任候補に監督経験のない現職のベンチコーチたちの名が挙がっていることだ。

 1番人気はアストロズのジョー・エスパダとカブスのブランドン・ハイド両ベンチコーチで、4球団の監督候補になっている。このほかジャイアンツのヘンスリー・ミューレン(元ヤクルト、ロッテ)とホワイトソックスのジョー・マクユーイング両ベンチコーチも2球団の監督候補に名が挙がっている。1球団のみの監督候補になっているベンチコーチも6人いるので、監督候補になっているベンチコーチは10人にのぼる。

 監督経験者より未経験者が優先されているのは、監督経験のないアレックス・コーラ、アーロン・ブーンがそれぞれレッドソックスとヤンキースの監督に就任し、今季、新思考で名門球団を蘇らせ3ケタの勝ち星を挙げたことが大きい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  7. 7

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

もっと見る