シラけていた竜ナイン 巨人3タテ独走は“お前騒動”さまさま

公開日: 更新日:

 中日巨人に3タテを食らい借金9。昨年より13日早く自力優勝の可能性が消滅した。

 5連勝と上り調子で東京ドームに乗り込んできた中日ナインだったが、内心、シラけていた。

 ネットを大炎上させ、テレビのワイドショーでも取り上げられている“お前騒動”である。

 1日に中日の公式応援団が2014年からチャンスの際に流していた応援歌「サウスポー」を自粛するとSNS上で発表した。ピンク・レディーのヒット曲「サウスポー」の替え歌で「お前が打たなきゃ誰が打つ」の歌詞にある「お前」の部分を中日の与田剛監督(53)が問題視。球団を通じ、変更を要請したことが事の発端だ。

 が、これにより、ファンの反発を買い、ネットで叩かれるはめになった与田監督。慌てた同監督は、2日の巨人との3連戦初戦の前に報道陣の前で「僕は単純に『お前』という表現よりは名前の方にしてもらえませんか? と言ったのが事の発端。シンプルにそこだけ。他球団でも野球界の現場の人間は『お前』より名前がいいと思っている人が多い。応援を自粛してくれとか、やめてほしいとは言ってない。応援団の方々をリスペクトしているし、否定しているわけではない」と弁明に終始。「皆さんお願いしますよ」と報道陣に援護射撃を頼むほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る