クビ寸前が投手3冠 G山口“起死回生”で球宴以上のご褒美も

公開日: 更新日:

 巨人山口俊(31)と菅野智之(29)が1日、監督推薦での球宴出場が決まった。

 山口は横浜(現DeNA)時代の2011年以来、8年ぶり3度目の出場(16年は故障で出場辞退)となる。「自分が小さい頃から見ていた憧れの舞台でもある。光栄なことなので、はつらつとプレーできるように。真っすぐが自分の魅力。普段できない力と力の勝負ができればいい」とコメントした。

 今季は開幕からただ一人、先発ローテを守り、14試合に登板。1日現在、8勝(2敗)、防御率1.99、勝率.800で投手部門3冠と抜群の安定感を誇る。交流戦でも2勝0敗、防御率1.29の好成績でチームの首位浮上に貢献した。不振と故障でいまひとつ波に乗り切れない菅野に代わり、今やエース格の働きを見せている。

 2年前を考えれば、信じられないリカバリーぶりだ。FAで17年シーズンから加入。が、いきなり1年目の7月に暴行事件を起こし、1億円ともいわれる罰金や謹慎処分を食らってシーズンを棒に振った。球団からは自主退団まで勧められたという。そんな「クビ」寸前の状況から、結果を出している今では、球団幹部ウケは上々だという。まさに人生大逆転である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

    (2)日本の新幹線は「世界で最も安全で最高の技術」と、値引きに一切耳を貸さず

  2. 2
    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

    退社発表の日テレ桝太一アナに「やっぱりね」の声 隠しきれなかった博識エピソード

  3. 3
    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

    欧州で広がる“ステルスオミクロン株”すでに日本でも…間髪入れず2月「第7波」の可能性

  4. 4
    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

    和田アキ子が冠番組で大ポカ…晩節汚し石田純一の二の舞に

  5. 5
    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

    石田純一「3億円豪邸」売却で妻・理子にパラサイト…仕事ゼロ、家庭崩壊報道も

もっと見る

  1. 6
    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

    日ハム清宮は「勝負の5年目」なのにコロナ感染で出遅れ必至…新庄監督はダメならバッサリ

  2. 7
    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

    秋篠宮さま側近が「悠仁さま進学先報道」に苦言の波紋…皇族もネットニュース閲覧

  3. 8
    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

    池袋ラブホ刺殺事件 プータロー兄弟が「パパ活」殺人犯の逃走を手助けした理由

  4. 9
    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

    “奇跡の53歳”中島史恵 本人史上「一番キワどい!」DVD発売 根強い人気のウラにプロ根性

  5. 10
    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い

    (1)車両更新交渉破談! 日本企業連合はコロナ禍に“アポなし渡台”で門前払い