クビ寸前が投手3冠 G山口“起死回生”で球宴以上のご褒美も

公開日: 更新日:

 巨人の山口俊(31)と菅野智之(29)が1日、監督推薦での球宴出場が決まった。

 山口は横浜(現DeNA)時代の2011年以来、8年ぶり3度目の出場(16年は故障で出場辞退)となる。「自分が小さい頃から見ていた憧れの舞台でもある。光栄なことなので、はつらつとプレーできるように。真っすぐが自分の魅力。普段できない力と力の勝負ができればいい」とコメントした。

 今季は開幕からただ一人、先発ローテを守り、14試合に登板。1日現在、8勝(2敗)、防御率1.99、勝率.800で投手部門3冠と抜群の安定感を誇る。交流戦でも2勝0敗、防御率1.29の好成績でチームの首位浮上に貢献した。不振と故障でいまひとつ波に乗り切れない菅野に代わり、今やエース格の働きを見せている。

 2年前を考えれば、信じられないリカバリーぶりだ。FAで17年シーズンから加入。が、いきなり1年目の7月に暴行事件を起こし、1億円ともいわれる罰金や謹慎処分を食らってシーズンを棒に振った。球団からは自主退団まで勧められたという。そんな「クビ」寸前の状況から、結果を出している今では、球団幹部ウケは上々だという。まさに人生大逆転である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る