則本が楽天と異例の7年契約 G菅野メジャー行きへの影響は

公開日: 更新日:

■石井GMの手腕と右肘不安

 楽天のエース・則本昂大(28)が新たに長期契約を結び直し、メジャーリーグ挑戦を断念する方針であることが3日、明らかになった。

 楽天の石井一久GM(45)は今季が3年契約の最終年だった則本と開幕前に話し合いを進めてきたと言い、「3月に(契約を)結び直した。本当に大事な選手。凄く実績を残してくれたことをリスペクトしてそういう話をした」と説明した。

 プロ野球史上最長タイとなる7年契約は35歳シーズンとなる2025年までという異例の長さ。年俸も旧契約の2億5000万円から見直され7年総額20億円規模とみられる。日本選手の7年契約は2006年の松中信彦(ソフトバンク)に並ぶ高い評価となった。

 13年には新人ながら開幕投手を務め、15勝を挙げた。そこから昨季まで6年連続2ケタ勝利。最多奪三振のタイトルは6年間で5度獲得した。則本はこの間、最も少なかった13年シーズンでも170イニングを投げるなどフル回転してきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る