実戦復帰の松坂も“VIP待遇”せず 与田中日は規律重視を貫徹

公開日: 更新日:

 28日、右肩痛からの復活を目指す中日松坂大輔(38)が二軍のソフトバンク戦に先発。昨年9月以来となる実戦登板を果たした。

 最速は137キロながら、2回20球を投げ、無安打無失点、3奪三振の完全投球。「最初としては良かった」と振り返った右腕は、肩の状態に問題がなければ1週間後にマウンドに上がる予定だ。

 そんな中、中日周辺には「松坂が今後、一軍昇格すれば、与田監督は起用に頭を悩ませるのではないか」という声がある。マスコミ関係者が言う。

「去年の先発ローテは松坂ありきだった。肩の古傷に配慮し、登板間隔を中10日以上空けるなど大事に起用されたが、それにより先発ローテが乱れ、他の先発投手が割を食った。こうした特別扱いが許されたのは、絶大な集客力があったからです」

 実際、人気低迷に悩んでいた中日は、“松坂特需”に沸いた。その人気、注目度は健在だが、今季の松坂はチームのトラブルメーカーになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  7. 7

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る