実戦復帰の松坂も“VIP待遇”せず 与田中日は規律重視を貫徹

公開日: 更新日:

 28日、右肩痛からの復活を目指す中日の松坂大輔(38)が二軍のソフトバンク戦に先発。昨年9月以来となる実戦登板を果たした。

 最速は137キロながら、2回20球を投げ、無安打無失点、3奪三振の完全投球。「最初としては良かった」と振り返った右腕は、肩の状態に問題がなければ1週間後にマウンドに上がる予定だ。

 そんな中、中日周辺には「松坂が今後、一軍昇格すれば、与田監督は起用に頭を悩ませるのではないか」という声がある。マスコミ関係者が言う。

「去年の先発ローテは松坂ありきだった。肩の古傷に配慮し、登板間隔を中10日以上空けるなど大事に起用されたが、それにより先発ローテが乱れ、他の先発投手が割を食った。こうした特別扱いが許されたのは、絶大な集客力があったからです」

 実際、人気低迷に悩んでいた中日は、“松坂特需”に沸いた。その人気、注目度は健在だが、今季の松坂はチームのトラブルメーカーになっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る