西武山川13戦ぶり28号「不調の原因は落合」の雑音消せたか

公開日: 更新日:

 やっと、出た。

 8日のソフトバンク戦の六回に西武山川穂高(27)が、13試合58打席ぶりとなる28号ソロ本塁打。「打てて良かったです!」の言葉に実感がこもった。

 5月中旬までは「シーズン66発ペース!」とスポーツ紙を騒がせる勢いで本塁打を量産していたが、交流戦の途中から下降線。リーグ戦再開後は前日7日まで30打数3安打の打率1割、本塁打は6月20日の中日戦を最後に出ていなかった。

「スランプの裏で、原因は落合さんではないか、と囁かれていました」

 とは、さるマスコミ関係者である。

「山川は、7日に放送されたNHKの『サンデースポーツ2020』で落合博満元中日監督と初対談。山川が30もの質問事項をノートに書いて臨んだ収録は実に3時間に及んだそうです。山川の質問に落合さんが答える形で進んだ放送では、落合さんが山川に『素振りしてみな』と実際にスイングをさせ、『すげえな、よくそんな打ち方で打つな。オレ、その打ち方だったら、(ホームランを)10本打てない、オレだったら』とダメ出しするシーンもあった。その後、自らバットを持ってスイングし、軌道を実演して見せていましたが、シーズン中に、打撃フォームという極めてナーバスな部分に切り込むなんて落合さんにしかできない、というか、やらないでしょ。選手を悩ませることになりかねませんから。真面目な山川ならなおさらです」(前出のマスコミ関係者)

 対談は、「史上最多3度の三冠王」を尊敬する山川たっての希望で実現したというから、山川からしてみれば、「スランプの原因は落合」と言われるのは本意ではないだろう。この日の28号がスランプ脱出のきっかけになれば、余計な雑音を消すことにもなる。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

    城田優“ガーシー砲”スルー決め込みはもう限界? スケジュール続々発表で直接釈明は不可避

  2. 2
    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

    阪神の“問題児”マルテはもういらない!不振、故障続発、増長懸念でまたゴタゴタの火種

  3. 3
    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

    松本若菜「やんごとなき一族」の“美保子リサイタル”が話題 30代遅咲き「松本まりか」との差

  4. 4
    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

    中日・高橋周遊撃起用のナゾ 立浪“迷”監督は根尾がそんなに嫌いなのか

  5. 5
    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

    1.4億円が海底に消えた…知床沈没船「KAZUⅠ」の再引き揚げ費用は誰が負担するのか?

もっと見る

  1. 6
    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

    「拳銃の不法所持で逮捕」の投稿がバカ受け! 米NY州の男が持っていたのは…

  2. 7
    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

    「チコちゃん」マナー講師の炎上で透けたNHKの劣化…安易な企画と演出はもう通用しない

  3. 8
    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

    中日・中村紀打撃コーチが二軍に配置転換…異例人事のウラに「独特すぎる打撃理論」

  4. 9
    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

    上島竜兵さんがトーク主体のバラエティー番組にはほとんど出演しなかった理由

  5. 10
    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗

    大谷以来の二刀流! 日本ハム上原健太がようやく見せ始めた「身体能力お化け」の片鱗