西武山川13戦ぶり28号「不調の原因は落合」の雑音消せたか

公開日: 更新日:

 やっと、出た。

 8日のソフトバンク戦の六回に西武の山川穂高(27)が、13試合58打席ぶりとなる28号ソロ本塁打。「打てて良かったです!」の言葉に実感がこもった。

 5月中旬までは「シーズン66発ペース!」とスポーツ紙を騒がせる勢いで本塁打を量産していたが、交流戦の途中から下降線。リーグ戦再開後は前日7日まで30打数3安打の打率1割、本塁打は6月20日の中日戦を最後に出ていなかった。

「スランプの裏で、原因は落合さんではないか、と囁かれていました」

 とは、さるマスコミ関係者である。

「山川は、7日に放送されたNHKの『サンデースポーツ2020』で落合博満元中日監督と初対談。山川が30もの質問事項をノートに書いて臨んだ収録は実に3時間に及んだそうです。山川の質問に落合さんが答える形で進んだ放送では、落合さんが山川に『素振りしてみな』と実際にスイングをさせ、『すげえな、よくそんな打ち方で打つな。オレ、その打ち方だったら、(ホームランを)10本打てない、オレだったら』とダメ出しするシーンもあった。その後、自らバットを持ってスイングし、軌道を実演して見せていましたが、シーズン中に、打撃フォームという極めてナーバスな部分に切り込むなんて落合さんにしかできない、というか、やらないでしょ。選手を悩ませることになりかねませんから。真面目な山川ならなおさらです」(前出のマスコミ関係者)

 対談は、「史上最多3度の三冠王」を尊敬する山川たっての希望で実現したというから、山川からしてみれば、「スランプの原因は落合」と言われるのは本意ではないだろう。この日の28号がスランプ脱出のきっかけになれば、余計な雑音を消すことにもなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    矢沢永吉“大物の証し” 批判メールに堂々と反論できた背景

  6. 6

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  7. 7

    “外的要因”だけ?「まだ結婚できない男」視聴率下落と懸念

  8. 8

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  9. 9

    吉沢亮を大河ドラマ主役に抜擢 裏にNHKの“ジャニーズ対策”

  10. 10

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る