驚異の68発ペース 西武・山川穂高は生粋の“本塁打オタク”

公開日: 更新日:

「1年365日、練習は1日も休まない。球場に朝早く来て、試合後も室内で打ち込んでいる。メシの間もずっとホームランを打つことを考えている。もうオタクですよ」

 西武の山川穂高(27)について、球団関係者がこう言って目を細める。

 昨15日のソフトバンク戦で3試合連続となる17号、18号本塁打を連発。ときに右膝を地面に突き刺し、豪快にカチ上げる打ち方で、38試合目にして早くも18本塁打。驚異のシーズン68本ペースだ。

 ヤクルトのバレンティンが持つ最多本塁打記録(60本)の更新も夢じゃない。山川は47本塁打で本塁打王を獲得した昨季、夏を迎えて量産態勢に入った。3~6月の19本に対し、7~10月は28本塁打。今季は3~4月に11本塁打を放って月間MVPに選ばれると、5月は半月で7本塁打。この時期にこれだけ打てば、期待は高まる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    反町隆史“女性救護”で男を上げ…木村拓哉とばっちりのナゼ

  2. 2

    もっか打撃三冠なのに…巨人坂本“メジャー興味なし”の理由

  3. 3

    女性救護で男上げた “ヤンチャ”反町隆史が大人になるまで

  4. 4

    社会のダニが結集した日本維新の会はすみやかに解散すべき

  5. 5

    国分太一「ビビット」降板…TOKIOに囁かれる“空中分解説”

  6. 6

    霞が関7月人事本格化 金融庁長官続投か否かが“忖度”試金石

  7. 7

    日テレ青木源太アナ “ジャニーズ愛”でフリー転身説急浮上

  8. 8

    12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

  9. 9

    安倍政権“究極の二枚舌”金融庁「公的年金に頼るな」のア然

  10. 10

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る