西武・森“捕手で54年ぶり首位打者”への課題をコーチが語る

公開日: 更新日:

 西武の捕手、森友哉(23)の「バット」が止まらない。6日の広島戦では初回に同点犠飛を打つなど3打数1安打。打率.353でリーグトップをひた走っている。まだ6月で気が早いかもしれないが、史上4人目の「捕手で首位打者」の可能性もある。

 過去、この記録を達成したのは1965年の野村克也(南海)、91年の古田敦也ヤクルト)、2012年の阿部慎之助巨人)のみ。パに限れば、54年前のノムさんが最後だ。

 森自身は打率については「たまたまですよ」と言いつつ、「守りは守り、打撃は打撃と切り替えができているのが、今の成績につながっているのかな」と話す。

 森は入団時から「打者としては一流になれる」と評価されながら、打率3割を超えたのは38試合出場にとどまった17年のみ。卓越した打撃技術を持ちながら、「三流」の烙印を押されていたのが守備だ。主にリード面が課題と言われ続けてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る