西武・森“捕手で54年ぶり首位打者”への課題をコーチが語る

公開日: 更新日:

 西武の捕手、森友哉(23)の「バット」が止まらない。6日の広島戦では初回に同点犠飛を打つなど3打数1安打。打率.353でリーグトップをひた走っている。まだ6月で気が早いかもしれないが、史上4人目の「捕手で首位打者」の可能性もある。

 過去、この記録を達成したのは1965年の野村克也(南海)、91年の古田敦也(ヤクルト)、2012年の阿部慎之助(巨人)のみ。パに限れば、54年前のノムさんが最後だ。

 森自身は打率については「たまたまですよ」と言いつつ、「守りは守り、打撃は打撃と切り替えができているのが、今の成績につながっているのかな」と話す。

 森は入団時から「打者としては一流になれる」と評価されながら、打率3割を超えたのは38試合出場にとどまった17年のみ。卓越した打撃技術を持ちながら、「三流」の烙印を押されていたのが守備だ。主にリード面が課題と言われ続けてきた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  8. 8

    阪神株主総会で露呈 野球素人の“お偉方”が肩で風切る不安

  9. 9

    国広富子さんは高級パンプス履き平壌の党幹部住宅で生活

  10. 10

    長引き離婚を巡る「世界のキタノ」と「世界の三船」の違い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る