12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

公開日: 更新日:

■推定145メートル弾

 昨季47本の本塁打王が、驚異のペースで花火を打ち上げている。

 西武の山川穂高(27)は、24日までの45試合で20本塁打。スポーツ紙風に言えば「年間64本塁打ペース」で、2013年にバレンティンが記録した60本を更新する可能性が出てきた。

 これまでも「(ホームランの)数字しか狙っていない」と、本塁打ファーストを公言。この日も「ホームランしか狙っていないのは、もう何年も前から言っていること」と潔い。

 日本人最多のシーズン55本塁打の記録を持つ王貞治氏(現ソフトバンク球団会長)や、歴代6位の52本塁打を記録した野村克也氏は、「本塁打はヒットの延長」と言った。一方、ソフトバンクの柳田悠岐は「本塁打の打ち損ないがヒット」という正反対の理論。山川はどちらなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  3. 3

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  4. 4

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  8. 8

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  9. 9

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る