12球団トップの20発 西武山川が語る“どすこい”本塁打理論

公開日: 更新日:

■推定145メートル弾

 昨季47本の本塁打王が、驚異のペースで花火を打ち上げている。

 西武山川穂高(27)は、24日までの45試合で20本塁打。スポーツ紙風に言えば「年間64本塁打ペース」で、2013年にバレンティンが記録した60本を更新する可能性が出てきた。

 これまでも「(ホームランの)数字しか狙っていない」と、本塁打ファーストを公言。この日も「ホームランしか狙っていないのは、もう何年も前から言っていること」と潔い。

 日本人最多のシーズン55本塁打の記録を持つ王貞治氏(現ソフトバンク球団会長)や、歴代6位の52本塁打を記録した野村克也氏は、「本塁打はヒットの延長」と言った。一方、ソフトバンクの柳田悠岐は「本塁打の打ち損ないがヒット」という正反対の理論。山川はどちらなのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  6. 6

    中曽根元首相の葬儀に“血税1億円”投入こそ「悪しき前例」

  7. 7

    田村厚労相 ソフトな外っ面の裏に弱者切り捨ての“前科”

  8. 8

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

もっと見る