小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

公開日: 更新日:

 全国各地の地方大会で序盤から波乱が起きている。

 今春のセンバツ優勝校の東邦(愛知)が2回戦で八回コールド負け。同じくセンバツ出場校では、国士舘(西東京)、大分、熊本西、日章学園(宮崎)が初戦敗退。宮崎では昨夏代表校の日南学園、2013年夏の甲子園で準優勝だった延岡学園が早々に敗退。高崎健康福祉大高崎(群馬)、佐久長聖(長野)も初戦で敗れた。

 ただ、私はそれほど驚いていない。前出のチームは春からチーム力が上がらなかったというのはあるだろうが、ポイントは対戦校にある。東邦に大勝した星城、国士舘に競り勝った都立日野は決して弱くない。特に星城は1998年のセンバツで豊田西(愛知)を初の甲子園に導いた腕のいい平林監督が率いている。徹底的に東邦を研究する時間もあった。

 私も横浜時代に感じたことがあるが、“骨っぽい”ところに序盤で当たる組み合わせは嫌なものだ。強豪校は準々決勝から決勝にかけての大会終盤にピークを持っていくように調整する。一方、序盤で東邦や国士舘と対戦する実力校は、組み合わせが決まった段階で、ここに照準を合わせる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る