大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

公開日: 更新日:

 最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希(3年)が6回参考ながらノーヒットノーランを達成した。

 18日の今夏2戦目。16強をかけた岩手大会3回戦の一戸戦に「4番・投手」で先発マウンドに上がると、いきなり球場中の度肝を抜いた。

 16日の初戦は最速147キロ止まりだったが、この日は初回から150キロ台を連発。六回までに今夏最速の155キロを2度計測した。四回1死から四球を与えたものの、出した走者はこの1人だけ。打者19人から13三振を奪い、6回コールド勝ちを決めた。

 佐々木は「コントロールという意識は変わらずに、少し球速、ギアを上げた。ストレートで空振りが取れていたのが三振が取れた理由。これからも一戦一戦大事なので、勝てるように自分のベストを尽くしたい」と前を向いた。

■日米13球団スカウト27人

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  6. 6

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  9. 9

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

  10. 10

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る