大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

公開日: 更新日:

 最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希(3年)が6回参考ながらノーヒットノーランを達成した。

 18日の今夏2戦目。16強をかけた岩手大会3回戦の一戸戦に「4番・投手」で先発マウンドに上がると、いきなり球場中の度肝を抜いた。

 16日の初戦は最速147キロ止まりだったが、この日は初回から150キロ台を連発。六回までに今夏最速の155キロを2度計測した。四回1死から四球を与えたものの、出した走者はこの1人だけ。打者19人から13三振を奪い、6回コールド勝ちを決めた。

 佐々木は「コントロールという意識は変わらずに、少し球速、ギアを上げた。ストレートで空振りが取れていたのが三振が取れた理由。これからも一戦一戦大事なので、勝てるように自分のベストを尽くしたい」と前を向いた。

■日米13球団スカウト27人

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    組閣から10日 身体検査できず新大臣3人にスキャンダル噴出

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  5. 5

    歴史を捏造するアベの後継は「なかったこと」にする最低男

  6. 6

    わずらわしさからFA宣言…他球団からはトレードの打診も

  7. 7

    小此木防災相 コワモテ3世の三原じゅん子と野田聖子との仲

  8. 8

    平手脱退から10カ月「欅坂→櫻坂」改名特需後はどうなる?

  9. 9

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  10. 10

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

もっと見る