大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

公開日: 更新日:

 最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希(3年)が6回参考ながらノーヒットノーランを達成した。

 18日の今夏2戦目。16強をかけた岩手大会3回戦の一戸戦に「4番・投手」で先発マウンドに上がると、いきなり球場中の度肝を抜いた。

 16日の初戦は最速147キロ止まりだったが、この日は初回から150キロ台を連発。六回までに今夏最速の155キロを2度計測した。四回1死から四球を与えたものの、出した走者はこの1人だけ。打者19人から13三振を奪い、6回コールド勝ちを決めた。

 佐々木は「コントロールという意識は変わらずに、少し球速、ギアを上げた。ストレートで空振りが取れていたのが三振が取れた理由。これからも一戦一戦大事なので、勝てるように自分のベストを尽くしたい」と前を向いた。

■日米13球団スカウト27人

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る