小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

続々台頭 最近の中学生投手が140キロを投げられるワケ

公開日: 更新日:

 中学時代に軟式で150キロを計測したとされる高知・森木、仙台育英にはともに140キロを超える右腕・伊藤、左腕・笹倉のコンビ。明徳義塾や愛工大名電にも注目の左腕が入学するなど、スポーツ紙でスーパー1年生投手の話題を目にすることが多い。

 最近は中学生が軟式球で140キロを投げるなど早熟な傾向がある。昔はあまりなかったことだ。理由として投球フォームが良くなったことが挙げられる。動画の普及により、大谷(エンゼルス)らプロ野球選手の映像が手軽に見られ、すぐにマネができる。携帯電話やタブレット端末を使い、本人はもちろん、指導者が参考にしているのをよく見かける。

「和」から「洋」への変化も一因だ。食事の影響で、年々選手の体が大きくなっている。一方で年々体が弱くなっている。高校入学時、体ができているように見えても中身はもろい。体が重くなると足に負担がかかる。大きい選手ほど故障をする傾向がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る