小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

大船渡163km佐々木朗希は夏の暑さ対策をやっているのか

公開日: 更新日:

 各地で高校野球の夏の地方大会が始まっている。

 先日、臨時コーチを務める城北(熊本)へ行ってきた。直前のこの時期、確認して欲しかったのが「バント守備」。1試合で1、2回は必ずある。避けて通れないものだ。

 とはいえ、一朝一夕ではできないから、反復練習するしかない。例えば無死一塁の守備のケースで、一塁手が前進するタイミングが早過ぎてはダメ。一塁ベースを早く空けることになり、一塁走者に盗塁をされてしまう。「バントシフト」と言っても、実は何通りもあって前進する人数が変わるのだ。

①2ストライク後や打者が3、4番など犠打と分からない場面は投手だけ。
②投手、三塁手の2人。
③投手、一塁手、三塁手の3人。

 封殺を狙うために勝負をかける③は1人当たり1球だけ。さらに初球から3人で強引に前に出てしまうと攻撃側を警戒させることになり、バスターやヒットエンドランに変更されてしまうかもしれない。状況によるが、1ストライク後が効果的。バント守備の目的は犠打をさせ二塁で刺すこと。これをベンチからのサインで使い分けるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  9. 9

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る