エンゼルス大谷が屈辱の4タコ…球宴MVP右腕に手も足も出ず

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(25)が技巧派右腕にねじ伏せられた。

 4日(日本時間5日)のインディアンス戦に「3番・DH」で出場。相手の先発右腕で、今年7月のオールスター戦(クリーブランド)で、3者連続三振を奪ってMVPに選ばれたシェーン・ビーバー(24)の前に、4打数無安打、2三振だった。

 大谷は変化球主体のビーバーの組み立てに手も足も出なかった。第1打席はカウント1―2と追い込まれると、最後は低めの変化球に手を出して空振り三振。右腕の球筋を捉えきれず、四回にはファウルが右足を直撃し、右足甲に自打球を当てた前日に続いて苦悶の表情を見せるシーンも。2打席連続の内野ゴロに倒れた後の九回の第4打席は2ストライクと追い込まれると、内角の直球に手が出なかった。2戦ぶりの無安打で、連続試合出塁も4で止まった。

 味方打線もビーバーに2安打2得点に抑えられ、インディアンスのエースに成長した若手右腕に今季、3度目の完投(2完封)勝利を献上。ア・リーグ中地区2位のインディアンスに3タテを食らい、7月31日のタイガース戦から4連敗で、56勝57敗で借金生活に逆戻りである。

 ここにきて、チームは投手、野手とも故障者が続出している。

 わずかながら可能性を残すワイルドカードでのポストシーズン進出は、大谷の奮起にかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る