エンゼルス大谷が屈辱の4タコ…球宴MVP右腕に手も足も出ず

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(25)が技巧派右腕にねじ伏せられた。

 4日(日本時間5日)のインディアンス戦に「3番・DH」で出場。相手の先発右腕で、今年7月のオールスター戦(クリーブランド)で、3者連続三振を奪ってMVPに選ばれたシェーン・ビーバー(24)の前に、4打数無安打、2三振だった。

 大谷は変化球主体のビーバーの組み立てに手も足も出なかった。第1打席はカウント1―2と追い込まれると、最後は低めの変化球に手を出して空振り三振。右腕の球筋を捉えきれず、四回にはファウルが右足を直撃し、右足甲に自打球を当てた前日に続いて苦悶の表情を見せるシーンも。2打席連続の内野ゴロに倒れた後の九回の第4打席は2ストライクと追い込まれると、内角の直球に手が出なかった。2戦ぶりの無安打で、連続試合出塁も4で止まった。

 味方打線もビーバーに2安打2得点に抑えられ、インディアンスのエースに成長した若手右腕に今季、3度目の完投(2完封)勝利を献上。ア・リーグ中地区2位のインディアンスに3タテを食らい、7月31日のタイガース戦から4連敗で、56勝57敗で借金生活に逆戻りである。

 ここにきて、チームは投手、野手とも故障者が続出している。

 わずかながら可能性を残すワイルドカードでのポストシーズン進出は、大谷の奮起にかかっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  5. 5

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る