大谷翔平は日本人最多HRどころか…昨年の22本も微妙な理由

公開日: 更新日:

 前日のレッズ戦に代打出場して三振に倒れたエンゼルスの大谷翔平(25)。

 一夜明けた6日(日本時間7日)の同カードもベンチスタート。ナ・リーグの本拠地で行われる交流戦はDHが使えないからだ。八回に代打で打席に立ったものの四球だった。

 もっとも、今季、ビジターの交流戦はこの日で終了だから、今後はDHでのフル出場が可能になる。

 大谷は前日までの75試合で15本塁打。一時は松井秀喜がヤンキース時代の2004年にマークした日本人選手最多の31本を上回るともっぱらだったが、残り48試合でどれだけ本塁打数を伸ばせるか。

 75試合で15本は、残り48試合で9.6本のペース。机上の計算では24本も、今後の対戦カードをみるとエンゼルスはプレーオフ進出のかかった強豪との対戦が目白押しなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る