大谷翔平は日本人最多HRどころか…昨年の22本も微妙な理由

公開日: 更新日:

 前日のレッズ戦に代打出場して三振に倒れたエンゼルスの大谷翔平(25)。

 一夜明けた6日(日本時間7日)の同カードもベンチスタート。ナ・リーグの本拠地で行われる交流戦はDHが使えないからだ。八回に代打で打席に立ったものの四球だった。

 もっとも、今季、ビジターの交流戦はこの日で終了だから、今後はDHでのフル出場が可能になる。

 大谷は前日までの75試合で15本塁打。一時は松井秀喜がヤンキース時代の2004年にマークした日本人選手最多の31本を上回るともっぱらだったが、残り48試合でどれだけ本塁打数を伸ばせるか。

 75試合で15本は、残り48試合で9.6本のペース。机上の計算では24本も、今後の対戦カードをみるとエンゼルスはプレーオフ進出のかかった強豪との対戦が目白押しなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る