オリ“死球18個”の怒り…西武と大乱闘しっちゃかめっちゃか

公開日: 更新日:

 久々の乱闘劇だった。

 西武先発斉藤大がオリックスの先頭打者福田にぶつけるプレーボール死球で始まったこの試合、三回にも後藤がぶつけられると、両軍一触即発。そして四回、西武2番手の森脇が、この日3個目となる死球を若月に当ててしまったから、大変だ。

 マウンドに詰め寄りかけた若月が球審になだめられ一塁に向かったところで激高したオリックス一塁コーチの佐竹外野守備走塁コーチがマウンドに突進。森脇の胸を両手で突くと、この一突きが発端となり、両軍入り乱れての大乱闘がボッ発だ。応戦する栗山、西武ナインにもみくちゃにされる佐竹コーチ、当事者のはずが蚊帳の外に置かれた森脇など、しっちゃかめっちゃか。

 結局佐竹コーチは暴力行為で退場。警告試合になった後も、両軍1つずつ死球をぶつけ、その都度、投手が退場になった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  7. 7

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    巨人菅野「最多勝」で有終の美も…唯一の心残りは“古女房”

もっと見る