西武勝利も岡田には厄日…ボール直撃2度に加えて親指負傷

公開日: 更新日:

 4日のオリックス戦で、これでもかというほど不運に見舞われたのが、西武の岡田(30)だ。

 初回、この日スタメンマスクの岡田の股間に、小田のファウルチップがダイレクトで直撃。男にしかわからない苦痛に悶絶した。

 その痛みもさめやらぬ二回、オリックス先発竹安のボールが、今度は腰に直撃。両軍のベンチが揉め、あわや乱闘寸前という一触即発の事態になった。

 さらには六回の守備中、本塁に突入した福田と交錯して左手親指を痛め、途中交代。病院に直行するはめになった。

 西武はその後、森のDHを解除して捕手に据え、投手を打順に入れながらも勝利。2つのボールを当てられた岡田の「タマ」は無事だろうが、厄日だったことは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  5. 5

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  6. 6

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  7. 7

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る