エース候補が序盤4失点…西武の打線頼みはいつまで続く?

公開日: 更新日:

「修正しきれなかった。あとボール1個分は厳しいコースに投げる練習をしないと……」

 試合後、西武先発の今井(21)が肩を落とした。

 15日のロッテ戦で先発するも、初回に安打と死球でいきなり1失点。それでも直後に4点の大量援護をもらい、後は打線の奮起に応えるだけ……のはずだった。

 二回、犠飛で1点を失うと、ヒットと四球で初回に続く満塁のピンチ。ここで清田への初球が暴投になり、走者2人がかえってあっさりと同点にされてしまった。

 今井はその後を2安打に抑えるも、6回4失点。救援が打たれ、西武は後半戦黒星スタートとなった。

 今季は先発の一員として5勝7敗、防御率4.12。高卒3年目で十分よくやっていると言いたいものの、問題は失点の仕方だ。今井は立ち上がりが悪く、序盤に失点するパターンが多い。この日も辻監督に「自滅だよ」と呆れられた、制球の悪さがその原因だ。与四球はリーグトップの48個。暴投6は同2位タイだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る