4番の仕事と“二刀流” 広島・誠也は巨人蹴散らす「得点王」

公開日: 更新日:

 やはり広島はこの男だ。13日の巨人戦に4番で出場した鈴木誠也(24)である。敗れるか引き分けで自力優勝が消滅する大事な一戦。二回に中前打で出塁すると、続く松山の右中間への二塁打で、一気に本塁へ生還した。

 1―1で突入した延長十一回にも先頭で打席に入ると、弾丸ライナーで左翼フェンスを直撃する左越え二塁打。1死満塁から磯村の犠飛で快足を飛ばし、サヨナラ勝ちを決める生還を果たした。

 この日は2安打2得点の活躍で打率はリーグトップの.339、22本塁打、71打点をマーク。特に「4番なのでこだわりたい」としている打点はトップのソト(DeNA)と8点差。十分、射程圏内だ。打って良し、かえして良しは4番の仕事だが、この男の凄みはそれだけではない。これに「出て良し」が加わる。本塁にかえってくる「得点」が87でリーグトップなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る