4番の仕事と“二刀流” 広島・誠也は巨人蹴散らす「得点王」

公開日: 更新日:

 やはり広島はこの男だ。13日の巨人戦に4番で出場した鈴木誠也(24)である。敗れるか引き分けで自力優勝が消滅する大事な一戦。二回に中前打で出塁すると、続く松山の右中間への二塁打で、一気に本塁へ生還した。

 1―1で突入した延長十一回にも先頭で打席に入ると、弾丸ライナーで左翼フェンスを直撃する左越え二塁打。1死満塁から磯村の犠飛で快足を飛ばし、サヨナラ勝ちを決める生還を果たした。

 この日は2安打2得点の活躍で打率はリーグトップの.339、22本塁打、71打点をマーク。特に「4番なのでこだわりたい」としている打点はトップのソト(DeNA)と8点差。十分、射程圏内だ。打って良し、かえして良しは4番の仕事だが、この男の凄みはそれだけではない。これに「出て良し」が加わる。本塁にかえってくる「得点」が87でリーグトップなのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る