G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

公開日: 更新日:

 12日に行われたオールスター第1戦。試合前、巨人の岡本和真(23)と広島の鈴木誠也(24)の「4番」同士が野球談議に花を咲かせた。

 岡本は今季は打撃不振が続き、6日に連続スタメン出場が219試合でストップ。スランプ脱却へ、球宴では鈴木からの金言を熱望していた。「和真とは去年頃から話すようになった」という鈴木に、会話の中身について聞くと、こう言った。

「和真とは全然タイプが違うけど、バッティングはいろんな人の話を聞くことが大切だと思っているので、聞かれたらもちろん教えるし、こちらから聞くようにもしています。僕の場合、シーズン中は自分の感覚を優先することが多いけど、引き出しの1つとして身につけておきたいので」

 助言を求められた側の鈴木も何かを吸収しようという貪欲さを見せる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る