佐々木、奥川は1位指名確実 気になるU18代表18人の全進路

公開日: 更新日:

 U18W杯で5位に終わった日本代表。2年生2人を除く18人の進路が判明した。

 現時点でプロ希望は11人、進学5人、社会人1人、未定1人だ。

 プロ希望で今秋ドラフト1位指名が確実なのは佐々木朗希(大船渡)と奥川恭伸(星稜)。佐々木は近いうちにプロ入り会見を行い、奥川も今月末からの国体前に正式表明する。

 プロ希望でドラフト2位までの上位指名が濃厚なのは今大会、投手、野手の“二刀流”でフル回転した西純矢(創志学園)と宮城大弥(興南)。永田監督に酷使された疲労が気になるところだが、セ球団のスカウトは「2人とも心身のタフさが際立っていた。投手に比較的余裕がある球団は外れ1位で指名するかもしれない」という。

 春のセンバツの優勝投手で、大会を通して4番を任された石川昂弥(東邦)は、野手としてプロ入りする。木製バットへの対応力には定評があり、「中日が1位の奥川をクジで外した場合、外れ1位で指名する」とは、パの球団関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  7. 7

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る