佐々木の韓国戦1回降板は“人災” 首脳陣の起用法に批判噴出

公開日: 更新日:

「また、マメか!?」

 ネット裏が一気にドタバタした。

 6日、U18日本代表の佐々木朗希(大船渡)が韓国戦に先発、世界大会デビューを果たした。

 8月26日の大学代表との壮行試合で右手中指のマメを潰して以来のマウンド。大挙した日米スカウトのみならず、最速163キロを誇る日本のモンスター見たさに集まった数千人のファンが投球を見守る中、異変はいきなり起きた。

 初回2死一塁の場面で永田監督が突然、マウンドへ。指先の異変を訴えた佐々木は、その後も続投。4番打者を空振り三振に仕留めたが、ベンチに戻る際、白のパンツ部分に赤い血がついているのがはっきり見えた。

 韓国に来て10日目。リハビリを重ね、チームの見解ではマメは完治していたはずだった。投げるたびにマメを潰す佐々木も佐々木だが、ネット裏の日米スカウトから聞こえてくるのは「佐々木を潰す気か!」「明らかな人災だ!」という声が圧倒的。西海岸のメジャースカウトも「日本のマネジャーはクラッシャーなのか?」と首をかしげるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  6. 6

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  7. 7

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

  8. 8

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  9. 9

    ZOZOは4000億円で…メルカリやAmebaTVはいくらで買える?

  10. 10

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る