地区7連覇達成 31年ぶり世界一を狙うマエケンの“コスパ”

公開日: 更新日:

 リリーフに配置転換されたドジャース・前田健太(31)が好調だ。

 8日(日本時間9日)のジャイアンツ戦では2番手で登板し、4回を無失点で9勝目(8敗)をマーク。今季初セーブを挙げた2日のロッキーズ戦に続いて結果を残した。

 10日に7年連続の地区優勝を決め、1988年以来、31年ぶりの世界一を狙うチームにとって、いまや欠かせない存在である。

 渡米2年目の17年から、レギュラーシーズン終盤は決まって中継ぎ降格の憂き目に。これまでは質量とも豊富な先発陣からはじき出される格好だったが、今季は意味合いが異なる。

 ドジャースのリリーフ陣は、セーブ失敗(7度)が目立つ守護神・ジャンセン(4勝3敗28セーブ)を筆頭に安定感に欠ける。計算できるのはセットアッパー右腕のバイエズ(65試合で7勝2敗、防御率3・27)ぐらいのもので、ロバーツ監督は安定感のある前田を中継ぎに回してリリーフ陣を強化したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る