地区7連覇達成 31年ぶり世界一を狙うマエケンの“コスパ”

公開日: 更新日:

 リリーフに配置転換されたドジャース・前田健太(31)が好調だ。

 8日(日本時間9日)のジャイアンツ戦では2番手で登板し、4回を無失点で9勝目(8敗)をマーク。今季初セーブを挙げた2日のロッキーズ戦に続いて結果を残した。

 10日に7年連続の地区優勝を決め、1988年以来、31年ぶりの世界一を狙うチームにとって、いまや欠かせない存在である。

 渡米2年目の17年から、レギュラーシーズン終盤は決まって中継ぎ降格の憂き目に。これまでは質量とも豊富な先発陣からはじき出される格好だったが、今季は意味合いが異なる。

 ドジャースのリリーフ陣は、セーブ失敗(7度)が目立つ守護神・ジャンセン(4勝3敗28セーブ)を筆頭に安定感に欠ける。計算できるのはセットアッパー右腕のバイエズ(65試合で7勝2敗、防御率3・27)ぐらいのもので、ロバーツ監督は安定感のある前田を中継ぎに回してリリーフ陣を強化したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  2. 2

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  3. 3

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  4. 4

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  5. 5

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  6. 6

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る