2カ月勝てず…ドジャース前田「中継ぎ降格」へ秒読み開始

公開日: 更新日:

 ドジャース・前田健太(31)は29日(日本時間30日)のロッキーズ戦に、5月31日のフィリーズ戦以来の白星(8勝目)をかけて登板。5回途中6失点で今季8敗目を喫してしまった。

 これで2カ月間も勝ち星から遠ざかることになった前田は、先発ローテ降格が時間の問題になってきた。

 ドジャース先発陣は質、量とも豊富。両リーグで唯一、1点台の防御率(1.74)をキープする韓国人左腕の柳(11勝2敗)やエースのカーショー(9勝2敗)らを擁し、先発陣の防御率2.96はメジャートップだ。一方、守護神ジャンセンが4試合でセーブに失敗するなど、リリーフ陣は防御率4.01(リーグ4位)と、先発陣に比べて不安要素が少なくない。

 先発陣の台所事情に余裕のあるドジャースでは、リリーフ陣に疲れが見え始める8月に配置転換を図るのが毎年のパターン。ウリアス(4勝2敗、防御率2.34=22)、ファーガソン(0勝1敗、防御率6.12=23)の両左腕ら、若手の先発投手に使えるめどが立っただけに、ロバーツ監督は8月にもローテを再編するとみられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    2時間半も“吊るし上げ” 菅自民の学術会議批判はネトウヨ級

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    大野は口止め誓約書発覚 活動中止前に沸く嵐のオンナ事情

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  7. 7

    鬼滅の刃「紅蓮華」は“エヴァ超え”も国民的アニソンへの壁

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    悪いことしている自覚あり 野党時代の菅氏発言を振り返る

  10. 10

    北京五輪前に異例人事 スキー連盟ドタバタ内紛の舞台裏

もっと見る