エ軍大谷「もっと速い球を…」リハビリ本格化も“消化不良”

公開日: 更新日:

 右肘手術からの二刀流復活を目指すエンゼルス・大谷翔平(25)。

 ここにきて、投手としてのリハビリが本格化している。

 24日(日本時間25日)には術後、12度目のブルペン入り。それまでの直球、カーブに加えてスライダーも解禁し、レギュラーシーズン終了後にも予定される実戦マウンドに向けて順調な回復ぶりを見せている。

 直球の最速は87マイル(約140キロ)と、160キロ右腕にとっては、物足りないのだろう。

「もうちょっと速い球を投げたいなっていう思いもあります」と“消化不良”気味だ。

 投手である以上、球威や変化球のキレを求めるのは当然のこと。今季は先行して打者として復帰したとはいえ、投手としては1シーズン以上を棒に振ることになるだけに、一日でも早くベストな状態に戻したいと考えるのは自然なことではある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  7. 7

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る