エ軍大谷「もっと速い球を…」リハビリ本格化も“消化不良”

公開日: 更新日:

 右肘手術からの二刀流復活を目指すエンゼルス・大谷翔平(25)。

 ここにきて、投手としてのリハビリが本格化している。

 24日(日本時間25日)には術後、12度目のブルペン入り。それまでの直球、カーブに加えてスライダーも解禁し、レギュラーシーズン終了後にも予定される実戦マウンドに向けて順調な回復ぶりを見せている。

 直球の最速は87マイル(約140キロ)と、160キロ右腕にとっては、物足りないのだろう。

「もうちょっと速い球を投げたいなっていう思いもあります」と“消化不良”気味だ。

 投手である以上、球威や変化球のキレを求めるのは当然のこと。今季は先行して打者として復帰したとはいえ、投手としては1シーズン以上を棒に振ることになるだけに、一日でも早くベストな状態に戻したいと考えるのは自然なことではある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る