U-18W杯でメジャーが本気で追いかけてるのは台湾の投手陣

公開日: 更新日:

「日本のオクガワ(奥川恭伸=星稜)にはビックリしたよ。ササキ(佐々木朗希=大船渡)は100マイル(161キロ)の速球を投げる高校生として有名だけど、他にもこんなにスゴい高校生がいるとは……」

 米5日早朝、日本の奥川がカナダ戦で18奪三振をマークした直後のことだ。韓国のU18W杯を視察する同僚からこんなメールが届いた。

「ま、アジアのナンバーワン投手はおそらくササキだろうがね」と、ご丁寧にも佐々木がブルペンで投球練習をする動画まで添付してきた。

 韓国にはメジャー30球団のスカウトが足を運んでいる。アジア地区担当以外にも米国、中南米などの担当スカウトもネット裏から熱視線を送っているが、佐々木と奥川は今大会の目玉として評価されているようだ。

■草刈り場にならない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  2. 2

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  3. 3

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  4. 4

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  5. 5

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  6. 6

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  7. 7

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

  10. 10

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る