U-18W杯でメジャーが本気で追いかけてるのは台湾の投手陣

公開日: 更新日:

「日本のオクガワ(奥川恭伸=星稜)にはビックリしたよ。ササキ(佐々木朗希=大船渡)は100マイル(161キロ)の速球を投げる高校生として有名だけど、他にもこんなにスゴい高校生がいるとは……」

 米5日早朝、日本の奥川がカナダ戦で18奪三振をマークした直後のことだ。韓国のU18W杯を視察する同僚からこんなメールが届いた。

「ま、アジアのナンバーワン投手はおそらくササキだろうがね」と、ご丁寧にも佐々木がブルペンで投球練習をする動画まで添付してきた。

 韓国にはメジャー30球団のスカウトが足を運んでいる。アジア地区担当以外にも米国、中南米などの担当スカウトもネット裏から熱視線を送っているが、佐々木と奥川は今大会の目玉として評価されているようだ。

■草刈り場にならない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る