貴ノ富士 自己弁護&責任転嫁だらけ会見は誰の差し金か

公開日: 更新日:

 オレは悪くない! と言わんばかりだった。

 2度の暴力で相撲協会に自主引退を促された貴ノ富士(22)が27日、文科省で会見を行った。

 代理人の弁護士2人を連れて会見場に姿を現した貴ノ富士は、「今回の処分はあまりに重く、受け入れられない」と主張。「本当に申し訳ないことをした」と反省の弁を述べたものの、どこまで本気で言ってるかは疑わしい。というのも、会見では言い訳のオンパレードだったからだ。

 昨年に続いて今年8月にも付け人を殴ったことに関しては、「前回は頭に血が上ってやってしまった。今回、手を出したことも許されないが、自分としては付け人が相撲以外でも良くなってもらえれば、という気持ちだった」と、あくまで教育としての鉄拳制裁だと話した。

 このご時世、教育といえども暴力はご法度。揚げ句は「口で何度言ってもわからない力士をどう教育すればいいか、教わってない」と、責任転嫁する始末だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  4. 4

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  5. 5

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  6. 6

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  7. 7

    “東京進出組”2人のMC 石井亮次にあって宮根誠司にないもの

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る