貴ノ富士 自己弁護&責任転嫁だらけ会見は誰の差し金か

公開日: 更新日:

 オレは悪くない! と言わんばかりだった。

 2度の暴力で相撲協会に自主引退を促された貴ノ富士(22)が27日、文科省で会見を行った。

 代理人の弁護士2人を連れて会見場に姿を現した貴ノ富士は、「今回の処分はあまりに重く、受け入れられない」と主張。「本当に申し訳ないことをした」と反省の弁を述べたものの、どこまで本気で言ってるかは疑わしい。というのも、会見では言い訳のオンパレードだったからだ。

 昨年に続いて今年8月にも付け人を殴ったことに関しては、「前回は頭に血が上ってやってしまった。今回、手を出したことも許されないが、自分としては付け人が相撲以外でも良くなってもらえれば、という気持ちだった」と、あくまで教育としての鉄拳制裁だと話した。

 このご時世、教育といえども暴力はご法度。揚げ句は「口で何度言ってもわからない力士をどう教育すればいいか、教わってない」と、責任転嫁する始末だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る