元弟子・貴ノ富士また暴力…貴乃花が教育を語るバカらしさ

公開日: 更新日:

 その言葉をどこまで信用できるやら、だ。

 相撲協会を退職後、「社団法人貴乃花道場」を設立した貴乃花(47)。道場といっても拠点は設けず、各地からの依頼で講演を行ったり、相撲教室を開くなどしている。

 道場のホームページによると、この社団法人の設立理念は以下のように書いてある。

「第65代横綱・貴乃花が相撲道で学んできた心、体、精神、それを支える土台となる骨格を強くするだけではなく、日本の伝統・礼節から食文化まで、少年少女、さらには大人たちと共に鍛え合う、体験と学び、成長する場でありたい。そんな思いと願いを込めて開門いたします」

 だが、立派な言葉も実態が伴わなければ意味はない。3日に2度目の暴力が発覚した貴ノ富士、昨年末に付け人を殴って引退した貴ノ岩を見ればわかるように、弟子を教育できたかは疑わしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る