貴ノ富士の暴力問題で顕在化…千賀ノ浦部屋は“分裂状態”

公開日: 更新日:

 部屋崩壊の危機だ。

 再三の暴力問題に揺れる千賀ノ浦部屋。付け人を殴った貴ノ富士(22)に厳しい処分が下るのは避けられず、このまま引退もありそうだ。

 しかし、仮に暴行の加害者が廃業したとしても、千賀ノ浦部屋が抱える問題が解決されるわけではない。暴行事件が起きる前から、旧貴乃花部屋からやってきた力士(7人)と、もともと千賀ノ浦部屋にいた力士(7人)との間には、埋められない溝があった。

 千賀ノ浦勢の関取は隆の勝ひとりに対し、旧貴乃花勢の関取は貴景勝(23)、貴源治、貴ノ富士の3人。「外様」にアゴで使われることが多ければ当然、千賀ノ浦勢は面白くない。

 ある親方は「貴乃花勢も意地になっている」と、こう続ける。

「その筆頭が貴景勝です。いまや親方の言うことにはほとんど耳を貸さないとか。その最たる例が先場所です。休場したら大関から陥落するため、貴景勝は右ヒザのケガを抱えながらも『出たい』と主張。親方は『無理せず、9月場所の大関特例をクリアして復帰すればいい』と、真っ向対立。親方の助言を受け入れるまで半日もかかった。今の貴景勝は『自分のことは全部自分で決める』とばかりに、親方の助言も右から左。とはいえ、貴景勝は23歳とまだ若い。いくら千賀ノ浦親方の最高位が小結でも、教わることは多いはず。このまま意地を張り続けるようなら、貴景勝の今後の相撲人生にも影響しかねない」

 今後もひと騒動ありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る