3敗・4敗力士が9人 史上最多の千秋楽「大巴戦」はあるのか

公開日: 更新日:

 とうとう2敗力士までいなくなった。

 大関復帰を決めた貴景勝(23)が20日、埼玉栄の先輩でもある大関豪栄道に黒星を喫した。貴景勝はア然ボー然だったが、優勝争いという点では、俄然、面白くなってきた。

 2敗で単独トップだった貴景勝が3敗に後退。御嶽海隠岐の海、剣翔が3敗で並ぶ。さらに20日現在、4敗の豪栄道、朝乃山、宝富士、明生、豊山にも優勝の目が残っている。3敗、4敗力士合わせて9人。星数だけなら、誰が優勝してもおかしくない状況だ。

 こうなると見てみたいのが複数力士による千秋楽の優勝決定戦である。星数が同じ力士が3人の場合は巴戦と呼ばれ、誰かが連勝するまで対戦を繰り返す。最後に行われたのは1996年11月場所。この時は曙、若乃花、武蔵丸、貴ノ浪、魁皇が11勝4敗で並んでいた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  4. 4

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る