永田洋光
著者のコラム一覧
永田洋光スポーツライター

出版社勤務を経てフリーになり、88年度からラグビー記事を中心に執筆活動を続ける。2010年に週刊メールマガジン「ラグビー! ラグビー!」を立ち上げ、現在に至る。07年「勝つことのみが善である 宿澤広朗全戦全勝の哲学」(ぴあ)でミズノスポーツライター賞優秀賞を受賞。近著に「新・ラグビーの逆襲: 日本ラグビーが『世界』をとる日」(言視舎)などがある。

大番狂わせの舞台裏 日本代表が証明した「失われた3年間」

公開日: 更新日:

 日本が、前回大会に続いてラグビー史に残る勝利を挙げた。世界ランキング2位のアイルランドを19―12と破ったのだ。試合直前のブックメーカーのオッズが日本の勝利に9倍という下馬評を覆しての「ジャイアントキリング」だった。

 データで見れば、日本は80分間で176回タックルを繰り返してミスはわずかに13回。成功率は93%だ。敗れたアイルランドも、171回のタックルでミスは18回。こちらも成功率89%と高水準。つまり、アイルランドが油断したからでも、日本が僥倖に恵まれたからでもなく、両チームが持てる力をフルに発揮して80分間を戦い、日本が勝ったのである。

 この勝利に一番胸をなで下ろしているのは、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)だろう。

 2016年9月に就任するや、それまでの日本のスタイルを大きく変えて、キックを多用するラグビーを導入。その結果チームは低迷し、開幕前まで、対戦時点で格上のチームに2勝9敗1分けと大きく負け越していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  5. 5

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  6. 6

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  7. 7

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  8. 8

    阪神・大山の実質本塁打数を「机上の計算」してみると…

  9. 9

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  10. 10

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

もっと見る