いとうやまね
著者のコラム一覧
いとうやまねコラムニスト

サッカー、フィギュアスケート、ラグビーなどのコラムニスト。取材・構成・ライティングを担当した土肥美智子著「サッカー日本代表帯同ドクター 女性スポーツドクターのパイオニアとしての軌跡」が好評発売中。

国歌を歌わない理由は?アイルランド代表をめぐる複雑事情

公開日: 更新日:

 28日に日本代表が相対するアイルランド代表だが、開会式で国旗がよく知られている三色旗と違うことに気が付かれた方もいるだろう。ナショナルカラーの「緑」をベースに5つのエンブレムが配された見慣れぬデザインは「ラグビーアイルランド代表」の旗である。

 中央には、国花であるシャムロックにラグビーボールを組み込んだアイルランドラグビー協会のエンブレム。周りの4つの盾は、左上から時計回りにアルスター、レンスター、コノート、マンスターの4地域の紋章だ。

 このうちアイルランド島北東部のアルスターだけは、イギリス領(北アイルランド)が含まれている――。アイルランドは12世紀以降イギリスの支配下に入り、独立したのは1949年。その時、プロテスタント系住民の多かった北東部だけはイギリスに残留することになる。これが、この先長く続く「北アイルランド問題」の発端だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  2. 2

    森喜朗の正論にIOCが無理難題 やめたやめた!五輪返上!

  3. 3

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<3>人間関係が苦痛に

  4. 4

    格差広げる中高一貫校 子供の未来は12歳で決まってしまう

  5. 5

    安倍首相に忖度?石破氏パーティーに党三役ゼロの異常事態

  6. 6

    物事の本質触れず都合のいい数字だけ持ち出す「安倍語法」

  7. 7

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  8. 8

    エロス全開でも恋愛封印…田中みな実が抜け出せない“過去”

  9. 9

    FA美馬&鈴木獲りで“金満”原監督「人的補償は敵」の大放言

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る