清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

公開日: 更新日:

 のっけから日本ハムの希望の火をかき消す花火が打ち上がった。

 14日のロッテ戦のスタメンに、この日昇格したばかりの高卒ルーキー2人が名を連ねた。吉田輝星(18=金足農)が今季3度目の先発マウンドに登れば、ファームで10本塁打の万波中正(19=横浜)は「9番左翼」に抜擢された。中田不在の4番を務めたのは、前日同様、2年目の清宮幸太郎(20)だった。

 負ければ8連敗、5位ロッテに並ばれる大事な試合で、まるで若手の見本市のようなスタメンだったのは彼らを低迷するチームの起爆剤にしたかったからに他ならない。

 そんな栗山監督のもくろみはしかし、結果として火に油を注いだだけだった。

 吉田は初回、荻野に先頭打者弾を浴びると、続くマーティンに四球。3番鈴木には不用意にストライクを取りにいった初球を右翼に運ばれ、いきなり3失点。二回には荻野に2打席連続となる2ランを浴び、三回、先頭打者鈴木にヒットを打たれたところでKO。2回と3分の0を6失点で今季2敗目、防御率は10.80だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  3. 3

    大野智は謝罪…新生ジャニーズはタレントの恋愛問題にどう対応

  4. 4

    1ドル130円の円安地獄がまねく狂乱物価で庶民の懐は火の車

  5. 5

    あざとい“方言パフォーマンス”に透けて見える自信のなさ

  6. 6

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  7. 7

    東京五輪男子マラソン“第3の男” 大迫と設楽は今後どう動く

  8. 8

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  9. 9

    東京五輪マラソン“最後の1枠”を決めるMGCはこんなに不公平

  10. 10

    二宮は3億円豪邸で事実婚 ジャニーズ“結婚ラッシュ”突入か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る