清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

公開日: 更新日:

 のっけから日本ハムの希望の火をかき消す花火が打ち上がった。

 14日のロッテ戦のスタメンに、この日昇格したばかりの高卒ルーキー2人が名を連ねた。吉田輝星(18=金足農)が今季3度目の先発マウンドに登れば、ファームで10本塁打の万波中正(19=横浜)は「9番左翼」に抜擢された。中田不在の4番を務めたのは、前日同様、2年目の清宮幸太郎(20)だった。

 負ければ8連敗、5位ロッテに並ばれる大事な試合で、まるで若手の見本市のようなスタメンだったのは彼らを低迷するチームの起爆剤にしたかったからに他ならない。

 そんな栗山監督のもくろみはしかし、結果として火に油を注いだだけだった。

 吉田は初回、荻野に先頭打者弾を浴びると、続くマーティンに四球。3番鈴木には不用意にストライクを取りにいった初球を右翼に運ばれ、いきなり3失点。二回には荻野に2打席連続となる2ランを浴び、三回、先頭打者鈴木にヒットを打たれたところでKO。2回と3分の0を6失点で今季2敗目、防御率は10.80だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る