元木氏が巨人HCに異例昇格 監督にも物申す“コミュ力”評価

公開日: 更新日:

 巨人は29日、来季のコーチングスタッフを発表した。

 今季、空位だったヘッドコーチのポストに元木大介内野守備兼打撃コーチ(47)が配置転換された。今季で現役を引退した阿部慎之助(40)は二軍監督。今季までヤクルトの一軍打撃コーチを務めていた石井琢朗氏(49)は一軍野手総合コーチに就任する。

 指導者2年目で原辰徳監督(61)に次ぐヘッドコーチに異例の大抜擢となった元木コーチは、2005年の現役引退から14年の時を経て、今季から現場復帰。リーグ優勝に貢献した。昨年初入閣を果たした際、チーム内外から「元タレント」「元ラーメン屋」といった声が聞かれたが、原監督は「野球を知っている」と元木コーチを擁護していた。その中でも評価の高いいくつかの「能力」がある。

 今季は得点に直結する三塁ベースコーチを務めた。相手や自軍選手の能力を、瞬時に判断する必要がある難しいポジションだが、「観察眼」が優れているため、判断ミスが少なかったという。

 さらに元木コーチが「一番大事にした」と言うのは、選手との対話である。春のキャンプから主力、若手を問わず、積極的に食事に連れ出し、何を考えているのか、どういう選手になりたいのかなどを徹底“取材”した。マスコミ対応も含めた「コミュニケーション能力」の高さも評価の対象である。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質