巨人FA補強は楽天美馬とロッテ鈴木 即決の裏に目玉打者が

公開日: 更新日:

 巨人の大塚淳弘球団副代表編成担当(60)が28日、国内FA権行使を表明したロッテ鈴木大地(30)の獲得に乗りだすと明言した。

 鈴木は今季、打率・288、15本塁打、68打点。いずれもキャリアハイの成績をマークした。内野の全ポジション、外野も守れるユーティリティープレーヤーで、大塚副代表は「阿部が引退して、どこでも守れるとなると魅力的ですね」と明かした。

 鈴木はこの日、ZOZOマリンで「今季の起用やポジションがFAにつながったわけではない。新しいことをやらせてもらって、すごく勉強になった一年だった」と振り返っていた。

 巨人はさらに、楽天美馬学(33)も調査することを明かした。

 大塚副代表によると、8勝5敗だった今季の143回3分の2の投球回数を評価。「開幕からシーズンを通して投げる投手は貴重。日本シリーズで負けて投手力不足というのがはっきり見えた」と説明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る