海外FA行使の秋山に「4年20億円」を提示する西武のリスク

公開日: 更新日:

 猛追も及ばなかった。

 31日、プレミア12の強化試合で日本代表は先発の巨人・山口がカナダ打線につかまり、2回6失点の炎上。日本は中盤から後半にかけて反撃を試みるも、1点差の5―6で敗れた。

 この試合に「1番中堅」でスタメン出場したのが西武の秋山翔吾(31)だ。五回の守備から交代し、遊ゴロと死球で無安打に終わった。秋山(今季年俸2億3500万円)は29日に海外FA権の行使を表明。残留を求める球団は4年総額20億円超を提示した。

 西武にとって、3年連続最多安打の切り込み隊長は欠かせぬ存在。流出による戦力ダウンは、昨オフに楽天に移籍した浅村の比ではない。破格の条件を提示したのも納得だが、仮に残留なら大型契約に“付き物”のリスクを抱えることになる。

 前例はある。2013年オフ、主砲の中村と4年最大20億円で契約を結んだ。14、15年は活躍したが、ケガが多く、16年は21本塁打、打率・238、17年は27本、・217。とても年俸に見合う働きではなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

  8. 8

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    ビクトリア女王にとって日本は極東の小国に過ぎなかった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る