石川遼は「ドライバーイップス」か…腰痛克服もまた一難

公開日: 更新日:

【ダンロップフェニックス】第1日

 単なるスランプではなさそうだ。

 21人がアンダーパーをマークした初日。3オーバー53位タイと大きく出遅れたのが石川遼(28)だ。ティーショットが安定せず3バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの74。日向灘からの強風が吹かずにこのスコアでは、上位浮上どころか、3週連続の予選落ちもある。

■スイングが委縮

 あるツアープロは、「石川はドライバーイップスだと思う。症状は1年半ぐらい前から出ている」と言って、こう続ける。

「曲げたくないという気持ちが強くなると、体の動きが悪くなり、ボールが右へ出る。クラブが振れないほど重症ではないので、日本プロとセガサミーを勝った夏場の頃は問題なかった。ところが先月、米ツアー2試合(ZOZO選手権51位、HSBCチャンピオンズ67位)に出てから、またおかしくなった。日本選手のドライバーショットはゾーンを狙って打つが、米ツアー選手はターゲットを絞り込んで視界を狭め、ポイントに打っていく。石川はその攻め方を真似たことでスイングが萎縮し、ボールが曲がりだした。本当なら試合を休んでリセットするべきだが、シーズンは残り3試合。来週は所属先が主催する大会で欠場できないばかりか、恥ずかしいプレーは許されない。症状の悪化が心配です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  2. 2

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  3. 3

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  4. 4

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  5. 5

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  6. 6

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  7. 7

    拙いコロナ対応 外国人選手の東京五輪ボイコットに現実味

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  10. 10

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る