石川遼は「ドライバーイップス」か…腰痛克服もまた一難

公開日: 更新日:

【ダンロップフェニックス】第1日

 単なるスランプではなさそうだ。

 21人がアンダーパーをマークした初日。3オーバー53位タイと大きく出遅れたのが石川遼(28)だ。ティーショットが安定せず3バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの74。日向灘からの強風が吹かずにこのスコアでは、上位浮上どころか、3週連続の予選落ちもある。

■スイングが委縮

 あるツアープロは、「石川はドライバーイップスだと思う。症状は1年半ぐらい前から出ている」と言って、こう続ける。

「曲げたくないという気持ちが強くなると、体の動きが悪くなり、ボールが右へ出る。クラブが振れないほど重症ではないので、日本プロとセガサミーを勝った夏場の頃は問題なかった。ところが先月、米ツアー2試合(ZOZO選手権51位、HSBCチャンピオンズ67位)に出てから、またおかしくなった。日本選手のドライバーショットはゾーンを狙って打つが、米ツアー選手はターゲットを絞り込んで視界を狭め、ポイントに打っていく。石川はその攻め方を真似たことでスイングが萎縮し、ボールが曲がりだした。本当なら試合を休んでリセットするべきだが、シーズンは残り3試合。来週は所属先が主催する大会で欠場できないばかりか、恥ずかしいプレーは許されない。症状の悪化が心配です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  5. 5

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    白鵬「年1横綱」化は待ったなし それでも引退できないワケ

もっと見る