ヤ軍田中将 アストロズ“サイン盗み”最大の被害者は本当か

公開日: 更新日:

 サイン盗み騒動で揺れるアストロズに新たな疑惑が浮上した。

 ア・リーグ優勝決定戦でヤンキースを下して2年ぶりの頂点に立った第6戦でもサイン伝達と取れる行為があったという。28日(日本時間29日)に、複数の米メディアが伝えている。

 アストロズによる「のぞき行為」は、これまでも多くの球団が指摘してきた。一昨年のワールドシリーズは、ドジャース・ダルビッシュ有(33=現カブス)が登板した2試合で、2回途中4失点、5失点でKO。当時、ロサンゼルスのメディアを中心に「ダルの球種は相手に筒抜けだった」と持ちきりだった。

 日本人投手も少なからず球種を見抜かれているとみられるが、最大の被害者はヤンキース・田中将大(31)だという。

 田中は2014年に渡米して以来、アストロズ戦は7試合(計35・1イニング)に登板して、0勝2敗、防御率6・62。サイン盗みの舞台とされる敵地ミニッツメイド・パークでは、4試合(計22・0イニング)で0勝1敗、防御率5・73と打ち込まれている。ア・リーグ球団では唯一、アストロズ戦での白星がないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

もっと見る