「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

公開日: 更新日:

 巨人は今季15勝の山口に対し、史上初めてポスティングシステムを利用した大リーグ移籍を容認した。さらにFA戦線では、獲得に乗り出した美馬、鈴木に相次いで振られる始末。ストーブリーグ惨敗の緊急事態を助っ人でカバーしようと、当初3人の予定だった新外国人選手の補強を4人に増員する見通しだ。

 そんな最も重要なこの時期に、助っ人獲得などの渉外部門を担当する国際部の総責任者である春川正明国際部長(58)が、今月いっぱいで退任することが19日、分かった。

 春川氏は読売テレビ報道局解説委員長として日本テレビ系の「情報ライブ ミヤネ屋」にコメンテーターとして出演。これまでロサンゼルス支局長などを歴任し、大リーグ通として知られていた。読売テレビを退職し、巨人に入団するという異例の形で、今年5月1日付で現職に就任したばかりである。大塚球団副代表は「(米国での)パイプづくりや人脈強化」と期待したが、就任以来、誤算が続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  2. 2

    「桜」昭恵夫人枠に新たなマルチ“北海道の闇紳士”招待疑惑

  3. 3

    神戸山口組のヒットマンは地下に潜り報復のチャンスを狙う

  4. 4

    正気の人間が見ているのは「カメ止め」彷彿の“安倍ゾンビ”

  5. 5

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  6. 6

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  7. 7

    イチローにすげなく断られ「嵐」に国民栄誉賞を授与の動き

  8. 8

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  9. 9

    「まさか、そんなことまでは…」を平然とやる安倍政権

  10. 10

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る