原巨人は来季助っ人10人 阿部二軍監督いきなりとばっちり

公開日: 更新日:

 巨人がハイペースで外国人補強を敢行している。阿部慎之助二軍監督(40)らが今月中旬にドミニカ共和国を視察。内野手のエスタミー・ウレーニャ(20)、投手のナティーノ・ディプラン(25)を育成選手として獲得することが濃厚となった。巨人はすでにジェラルド・パーラ外野手(32=ナショナルズFA)の獲得を発表している。

 日本シリーズ敗退直後、原辰徳監督(61)は山口オーナーにシーズン終了の報告を行った際、「(今季は)なかなか外国人が機能しなかった。ソフトバンクは外国人を含めて層の厚さがあった。補強は大事な作業であることに間違いはない」と話していた。

 巨人はこのオフ、4人の助っ人を補強する。当初は3人の予定だったが、エース格・山口がポスティングシステムを使ったメジャー移籍が濃厚。FA戦線では、美馬、鈴木に相次いで逃げられた。そんな緊急事態を受け、助っ人補強を1人増員し、穴埋めしようという算段のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  2. 2

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  5. 5

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  6. 6

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  7. 7

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    バカな大将、敵より怖い…政府は“壊れた蛇口”で破産国家に

もっと見る