原巨人は来季助っ人10人 阿部二軍監督いきなりとばっちり

公開日: 更新日:

 巨人がハイペースで外国人補強を敢行している。阿部慎之助二軍監督(40)らが今月中旬にドミニカ共和国を視察。内野手のエスタミー・ウレーニャ(20)、投手のナティーノ・ディプラン(25)を育成選手として獲得することが濃厚となった。巨人はすでにジェラルド・パーラ外野手(32=ナショナルズFA)の獲得を発表している。

 日本シリーズ敗退直後、原辰徳監督(61)は山口オーナーにシーズン終了の報告を行った際、「(今季は)なかなか外国人が機能しなかった。ソフトバンクは外国人を含めて層の厚さがあった。補強は大事な作業であることに間違いはない」と話していた。

 巨人はこのオフ、4人の助っ人を補強する。当初は3人の予定だったが、エース格・山口がポスティングシステムを使ったメジャー移籍が濃厚。FA戦線では、美馬、鈴木に相次いで逃げられた。そんな緊急事態を受け、助っ人補強を1人増員し、穴埋めしようという算段のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  6. 6

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る