筒香レイズと2年契約の裏 ポジションたらい回しの可能性も

公開日: 更新日:

 レイズと2年総額約13億2000万円で合意した筒香嘉智(28)に関して、スポーツマスコミは大騒ぎ。「日本人初4番デビュー」「打倒ヤ軍切り札」「三塁 左翼 DH マルチ起用」などとかまびすしい。

 だが、筒香はレギュラーを約束されているわけではない。今季、ア・リーグ東地区2位でポストシーズンに進出したレイズは、すでにポジションが埋まっていて、さらに選手層を厚くしようという段階。左翼は今季33本塁打のメドーズ、三塁は打率・267、14本塁打のディアス、一塁は19本塁打の崔志万と、筒香が日本で経験したポジションには実績あるレギュラーがいるうえ、ア・リーグ西海岸のスカウトはこう言った。

■さらなるパワーヒッター獲得の可能性

「筒香が何より評価されたのはパワーですが、さらにFAで一発の期待できるパワーヒッターを獲得する構想がレイズにはある。今季20本塁打のガルシア(前レイズ)、25本塁打のクロン(同ツインズ)らの名前がまだ、補強リストに残っているというのです。三塁手のディアスが右打者のため、筒香は現時点で右腕が先発してきたときの三塁が最も有力ですが、要は三塁、左翼、一塁とレギュラーの調子や相手投手に応じてポジションをたらい回しにされる可能性が高い。そのうえガルシアやクロンの獲得に成功するようなら、DHのポジションもふさがってしまいますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

もっと見る