筒香レイズと2年契約の裏 ポジションたらい回しの可能性も

公開日: 更新日:

 レイズと2年総額約13億2000万円で合意した筒香嘉智(28)に関して、スポーツマスコミは大騒ぎ。「日本人初4番デビュー」「打倒ヤ軍切り札」「三塁 左翼 DH マルチ起用」などとかまびすしい。

 だが、筒香はレギュラーを約束されているわけではない。今季、ア・リーグ東地区2位でポストシーズンに進出したレイズは、すでにポジションが埋まっていて、さらに選手層を厚くしようという段階。左翼は今季33本塁打のメドーズ、三塁は打率・267、14本塁打のディアス、一塁は19本塁打の崔志万と、筒香が日本で経験したポジションには実績あるレギュラーがいるうえ、ア・リーグ西海岸のスカウトはこう言った。

■さらなるパワーヒッター獲得の可能性

「筒香が何より評価されたのはパワーですが、さらにFAで一発の期待できるパワーヒッターを獲得する構想がレイズにはある。今季20本塁打のガルシア(前レイズ)、25本塁打のクロン(同ツインズ)らの名前がまだ、補強リストに残っているというのです。三塁手のディアスが右打者のため、筒香は現時点で右腕が先発してきたときの三塁が最も有力ですが、要は三塁、左翼、一塁とレギュラーの調子や相手投手に応じてポジションをたらい回しにされる可能性が高い。そのうえガルシアやクロンの獲得に成功するようなら、DHのポジションもふさがってしまいますからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  4. 4

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  7. 7

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    【侍ジャパン】稲葉監督にズバリ不安あり!サヨナラ逆転勝利で霞んだ“迷采配”ぶりを検証

  10. 10

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

もっと見る