大谷来季はダルが“反面教師” 復帰初年のムリは翌年に響く

公開日: 更新日:

 投打の二刀流復帰に向けて前進である。

 エンゼルスは19日(日本時間20日)、大谷翔平(25)が昨年10月に受けた右肘の靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術のリハビリが終了したと発表。近日中にも日本に帰国し、1月下旬に再渡米して2月上旬からのバッテリー組のキャンプインに備える。本格的な投球練習再開にゴーサインが出たことで、来季開幕からの二刀流復帰にメドが立った。

 エプラーGMは「復帰早々、負担をかけるわけにはいかない」と、来季の大谷にはイニングや球数制限を課すとしている。これまで、TJ手術を受けた先発投手の復帰1年目は年間150イニング、1試合当たりの球数は90球以内に抑えられてきたが、ここ数年は制限を設けず、100球近くを投げる投手が少なくなかった。

 大谷と同じ手術から2016年5月に復帰したレンジャーズ・ダルビッシュ(現カブス)は、復帰当初こそ、大事をとって80~90球程度で交代していたが、夏場以降は100球に達することもあった。この年のダルは17試合(計100回3分の1)に登板し、7勝5敗、防御率3・41。まずまずの成績を残したとはいえ、復帰1年目の無理がたたったこともあり、翌年以降は相次ぐ故障に見舞われて、満足なパフォーマンスを発揮できていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  7. 7

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  10. 10

    東京五輪に世界中から「ワースト」の不名誉…コロナ禍で強行し米NBC視聴率ボロボロ

もっと見る