ダル放出に現実味 カブス“贅沢税”で年俸総額削減の方針

公開日: 更新日:

 レイズ・筒香、ブルージェイズ・山口らといった所属先が続々と決まる中、日本人右腕の去就に注目が集まっている。来季でメジャー9年目を迎えるカブス・ダルビッシュ有(33)がトレード要員として浮上しているのだ。

 今季のダルは31試合に登板して6勝8敗、防御率3・98。勝ち星に恵まれなかったものの、奪三振数(229)を2年ぶりに200個の大台に乗せ、昨季苦しんだ右上腕部の故障からの完全復活をアピールした。

 今オフはリクルーターとしても活躍しており、地元メディアなどによれば、カブスのフロントが西武からFAでメジャー移籍を目指す秋山翔吾外野手(31)と面談した際は同席したという。ダルはチームの補強にも一肌脱いだわけだが、秋山との交渉を最後に移籍する可能性が高まっている。

■大リーグ機構から課された「ぜいたく税」の影響

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る