ライバル消えても…阿部の「巨人監督」を脅かす大穴の存在

公開日: 更新日:

 このオフは誰よりも多忙だ。

 今季限りで19年間の現役生活にピリオドを打った巨人阿部慎之助二軍監督(40)。秋季練習から指導者人生をスタートさせると、11月にはドミニカ共和国、プエルトリコの中南米諸国を視察。その後は台湾へ飛び、ウインターリーグに参戦中の若手を視察した。帰国後は北海道で毎年恒例のトークショーを行い、最近は表彰式をはしごする超多忙な日々を送る。原監督の契約はあと2年。トークショーの際、“ポスト原”についてファンに聞かれると、「そうなるんだろうと誰もが思っているかもしれないけど、世の中は分からないもの。来年は二軍監督という仕事をいただいた。選手を育てなければいけない。まずはそこに集中したい」と話していた。

 現段階で次期監督の最有力候補なのは間違いない。ライバルたちが“急落”しているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  7. 7

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

  8. 8

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る