ライバル消えても…阿部の「巨人監督」を脅かす大穴の存在

公開日: 更新日:

 このオフは誰よりも多忙だ。

 今季限りで19年間の現役生活にピリオドを打った巨人阿部慎之助二軍監督(40)。秋季練習から指導者人生をスタートさせると、11月にはドミニカ共和国、プエルトリコの中南米諸国を視察。その後は台湾へ飛び、ウインターリーグに参戦中の若手を視察した。帰国後は北海道で毎年恒例のトークショーを行い、最近は表彰式をはしごする超多忙な日々を送る。原監督の契約はあと2年。トークショーの際、“ポスト原”についてファンに聞かれると、「そうなるんだろうと誰もが思っているかもしれないけど、世の中は分からないもの。来年は二軍監督という仕事をいただいた。選手を育てなければいけない。まずはそこに集中したい」と話していた。

 現段階で次期監督の最有力候補なのは間違いない。ライバルたちが“急落”しているというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  6. 6

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  7. 7

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  8. 8

    森七菜に二宮和也もデレデレ…男を“骨抜きトーク”は計算か

  9. 9

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  10. 10

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

もっと見る