7大会連続予選落ちの今平 今季目標は「メジャー予選通過」

公開日: 更新日:

「3年連続で賞金王を取りたいし、海外メジャーでも結果を残したい」

 2年連続賞金王の今平周吾(27)が、米男子ツアーのソニー・オープン(ハワイ州ワイアラエCC=7044ヤード・パー70)に3年連続で出場。開幕前日に今季の抱負を語った。

 今平は昨年末の世界ランキング31位で、2年連続のマスターズ出場(昨年は特別招待)を決めた。現在は同30位だが、海外ツアーからは「日本ツアーの選手ランクは実力を反映していない」という声が少なくない。

 それもそのはずで、例えば今平は昨年、4大メジャーにすべて出場しながら1試合も決勝ラウンドに進めなかった。メジャーは16年全英から7大会連続の予選落ちに「恥ずかしい」とこぼした。

 身長165センチ、体重65キロと小柄だがドライバーの飛距離は292ヤード。国内ツアーなら常に優勝争いに顔を出すことができても、米ツアーではそうはいかない。この飛距離ではランク160位前後と平均よりかなり低いため、厳しい戦いを強いられる。

 今季もメジャーの予選落ち記録を伸ばせば、日本ツアーのポイント配分は見直されることになる。

 初日の今平は早朝の1番組でスタート。8オーバーでホールアウトした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    松坂は“腫れ物”に…古巣西武から聞こえるレジェンドの評判

  4. 4

    ソフトB復帰の城島氏 “権限なし長い肩書”はイチローが参考

  5. 5

    怠慢の安倍政権…中韓と新型肺炎対策“本気度”の差浮き彫り

  6. 6

    議員に立候補するなら資格審査の国家試験を受けさせよ

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  9. 9

    設楽vs大迫3.1東マラ対決 “五輪代表辞退”で勃発する大事件

  10. 10

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る