データで分析 松山英樹は2020年悲願のメジャーで勝てる?

公開日: 更新日:

 2017年WGCブリヂストン招待を最後に優勝から遠ざかっている松山英樹(27)。今年こそ悲願のメジャーで勝てるのか? 米ツアー6勝目を挙げることができるのか?

  ◇  ◇  ◇

 勝てない原因は2年前に左親指の付け根を痛めたことが大きい。いまだに違和感や痛みが多少あるようだが、フェードからドローへのスイング改造も最終段階に入って、調子を戻していることは間違いない。米ツアー本格参戦7年目を迎えて経験も豊富であり、いつ勝ってもおかしくない。

 年間3勝を挙げた16―17年シーズンと、未勝利に終わった18―19年シーズンを比較すると、明らかに昨年のスタッツのほうがよくなっている。

 ドライバー平均飛距離こそ、16―17年(303・3ヤード=ランク26位)、18―19年(303・0ヤード=同31位)とほとんど変わらない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  4. 4

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  5. 5

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  10. 10

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

もっと見る