五輪目指す石川遼 今平周吾と78.34P差逆転へ厳しい道のり

公開日: 更新日:

 可能性はゼロではない。

 男子ゴルフの最新世界ランキングトップ100に日本人選手は3人。松山英樹21位、賞金王の今平周吾31位(160・29ポイント)と石川遼81位(81・95ポイント)だ。

 石川が「どうしても出たい」という東京五輪は男女各60人が出場。来年6月22日時点までの五輪ランクで出場資格が決まる。世界ランク上位15人(各国最大4人まで)は自動的に出場権を得られる。

 日本の場合、世界ランク上位2人の松山と今平に現在権利がある。石川が東京五輪に出場するには今平との78・34ポイント差をひっくり返さなければならない。

 石川は新年、日本とアジアンツアー共催のシンガポールオープン(1月16日開幕)から参戦予定。この試合で優勝すれば24ポイントを獲得できる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る