今平は痛恨ダボ…18番パー3は今の男子プロには難しすぎる

公開日: 更新日:

ゴルフ日本シリーズJTカップ】最終日

 会場名物の最終18番パー3(227ヤード)に男子ツアーを代表するトップ30が揃っててこずった。本戦でバーディーを奪った選手は一人もおらず、平均ストロークは3・60。18ホール中、最も難易度が高かった。

 史上5人目の2年連続賞金王タイトルを獲得した今平周吾(27)もダブルボギーをたたきプレーオフ進出を逃した。直前の17番パー5を含めて5バーディー、ノーボギーで回っており、通算9アンダーまでスコアを伸ばして単独トップに立っていた。ところが18番はティーショットがグリーンに届かず花道へ。アプローチはピンを1メートルオーバーして、「(下りのラインを)薄めに入れたいと、強く打ったら、左に行っちゃいました」(今平)とパーパットは2メートルもオーバー。返しはカップに届かなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  5. 5

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る