メッツがベルトラン新監督を解任 “のぞき”首謀で晩節汚す

公開日: 更新日:

 このオフ、監督に就任したばかりのかつてのスター選手が早くも職を解かれた。

 メッツは16日(日本時間17日)、アストロズでプレーした2017年にサイン盗みに関わったカルロス・ベルトラン監督(42)の解任を発表。昨年11月に3年契約で招かれながら、2月のキャンプインを迎えるどころか1試合も指揮を執らずにユニホームを脱ぐ。一連のサイン盗みで、指揮官が現場を離れるのは、アストロズ・ヒンチ氏、レッドソックス・コーラ氏に次いで3人目となった。

 両打ちの強打者として通算435本塁打をマークしたベルトラン氏は、チャンピオンリングを手にした17年を最後に引退。MLBの調査では、サイン盗みの首謀者のひとりと指摘されていた。

 プエルトリコ出身の同氏は気さくな人柄で、現役時代は多くの選手から慕われてきた。早くから指導者としての将来を嘱望されてきたが、現役時の不正行為でセカンドキャリアに傷を付けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  4. 4

    浮上する緊急宣言「3.21全国拡大」変異株感染が各地で続々

  5. 5

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  6. 6

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  9. 9

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  10. 10

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

もっと見る