新たにメジャー入り日本人3人を金満球団がスルーした理由

公開日: 更新日:

 今季、新たな日本人大リーガーとなった3人に関して、ちょっとした疑問がある。

 秋山翔吾(31=レッズ=3年約22億円)、筒香嘉智(28=レイズ=2年約13億円)、山口俊(32=ブルージェイズ=2年約7億円)は新天地を選ぶにあたって、いくつかの選択肢があった。最後まで争奪戦を繰り広げたのは上記の3球団以外にダイヤモンドバックス、パドレス、カブス、レンジャーズ、ブルワーズとみられるが、この中で実力と資金力を兼ね備えているのは秋山を追い掛けたカブス(2018年まで4年連続プレーオフに進出して選手総年俸はメジャー1位)くらい。それ以外だと選手総年俸はレッズの14位が最高で、昨季のプレーオフに進出したレイズは総年俸が30位、ブルワーズは15位。カブスにしても最終的なオファーを出したとは限らないし、争奪戦からさっさと抜けた可能性もある。

 カネがあって結果も出しているヤンキース、レッドソックス、ドジャース、ナショナルズ、アストロズ(レッドソックスを除き昨季のプレーオフに進出して、なおかつ選手総年俸はいずれも8位以内)などが真顔で争奪戦の輪に加わったという話は最後まで聞こえてこなかった。強い金満球団は3人を全く評価しなかったのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  7. 7

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る